引越する時に忘れてはいけない作業は?

もう今時は、見かけなくなりましたし、ほとんと知らない人もいるようですが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。
どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長いお付き合いをしたいという、願いが込められていますし、ソバに越してきましたので、よろしく等という洒落っ気も込めて引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。
固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考え直した方が良いでしょう。
現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、転居後も固定電話が必要となれば、いずれかの電話会社と契約するなど、やりとりを進めなければなりません。
手続きがもたもたしていると固定電話もファックスも使えない生活になりますので特に年度末などは早急に片付けるようにするべきです。
冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、当日慌てる羽目になることもあるようです。
引っ越しの前日までに、忘れず庫内を空にして、電源を切っておき、下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てればもう大丈夫です。
冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、前日までに食べきれるようにして、新たに買うのも控えて、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。
引越しすることが決まったときに、住民票の移動の処理は、早めにしておこうと考えていました。
まずは私が転出届の手続を行い、主人が引っ越しのその当日に、転入届を転入先の役所へ、提出できるように段取りして段取りをちゃんとしておいて引越ししました。
ただでさえ引越しのときにはたくさんのやらなくてはいけないことがあるので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に進めておくことが大事だと思います。

安い引っ越し業者の口コミランキング!おすすめ業者はどこ?【本音評価】