ここ数年の間で光回線業者が高齢者の住む家を訪問し半強制的に勧誘を迫る事例が増えてきます

最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えつつあります。
こういった事態を受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明らかにいたしました。
wimaxのキャンペーンはものすごくお得感のある内容が大量です。
私が契約した場面では、WEBから契約した場合、特典が受けられるという内容でした。
その特典を実際に受け取れるのは、契約から1年経過したのですが、キャッシュバックの金額が大きかったので、良かったです。
せっかく契約するなら、お得な内容が良いですよね。
フレッツではクレームが多数送られており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、唐突にネット接続ができなくなる実例がこざいます。
この例の場合、間違いが初期設定にあることがわかって、無事に使えるようになったそうですが、このようなクレームは日毎に寄せられているようです。
イーモバイルを利用していて気づいたら、ワイモバイルを選んでいました。
でも、ワイモバイルに変えてから、ソフトバンクのwifiスポットサービスが使用可能になりました。
使った印象としては、ワイモバイルになった今の方がひょっとして良いと思われます。
電話をあまり使用せず、ネット中心に使用している方には推奨できます。
同様にソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、中途解約する場合に、違約金が発生するのでしょうか心配です。
これは、ワイモバイル契約時におけるプランによって異なるようです。
契約内容が2年に満たないか3年に満たない場合の解約で9500円もの解約金が発生します。
契約の際は、慎重にプランを選びましょう。
プロバイダの料金がお手ごろ価格になるといわれて、今のプロバイダを契約したのですが、間違いだったと思っています。
確かに、値段はかなりサイフに優しい価格でした。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、速度が低下したりで、前のプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
安易にプロバイダを変更するんじゃなかったと、後悔の気持ちがあります。
引っ越しが理由の場合や速度の問題などでインターネット回線を変更するケースや新規で回線を申し込む際は、キャンペーン期間中に申し込むと得するでしょう。
巷で噂のフレッツもキャンペーンを沢山やっていますので、しょっちゅうチェックして探しておくといいのではないでしょうか。
一度契約したフレッツのクーリングオフをしたいときには、契約の内容が記載された書類を受け取った日から1週間と1日以内であれば書面で契約申込の撤回を無条件下で行うことができます。
フレッツの強引な勧誘は問題になっており、クーリングオフをしたいという方も少ないとは言えません。
クーリングオフができないときは、解約金の支払いをしてでも解約したいと願う人もいます。